阿蘇・大分 集中豪雨

昨日、朝保育園へ四男を送ると、なんだかいつもと違って先生方の慌しい様子・・・
「市役所から、園児の自宅待機の要請が来ています」とのこと。
夜のうちは雷の音がひどく、雨が強くて眠ってもすぐ目が覚めてしまうほどでしたが、朝には雨もあがり、そんな状況とはつゆ知らず。
「お仕事でどうしてもという場合はお預かりしますので、いつでも電話に出られる状態にしておいてください」とのことで、迷いましたがどうしても終わらせねばならない(経審の予約締め切りが迫っている分)仕事があったので、預けてきました。
結局、私の住む山鹿市は、一部では畑の植物が水に浸かったり、建物に浸水したといううわさを聞きましたが、現地を確認していないので他は分かりませんが、私の住居・子どもの通う保育所周辺は何ごともなかったようです。
ただ、お隣の菊池市、また阿蘇地域で亡くなった方、行方不明の方がいると全国ニュースでみましたので、悲しい思いです。
ついいましがたも、雨に警戒するように市役所の防災無線が流れてきました。
心配して、お電話くださったH先生、誠にありがとうございます!!
年に数回お電話するたび、元気が出ます。ぜひ、新事務所に遊びにいらしてください。待ってます^^
今日は引き続き、8月経審の書類・新規建設業許可(特定建設業)・一般建設業許可、競争入札参加資格申請(指名願い)・・・抱える案件が3つ以上になると、お客様とお話する際に頭の中が混乱しますが、1つずつやるべきことを書き出して、何とかひと段落つけておかないと!!
・・・だって、3連休。子どもたちがいると、全く、全く、仕事になりません。
さすがに中3の長男は邪魔をしませんが、小4以下の子達は・・・お母さんにかまってほしくて、いろんな手段で邪魔をしてきます。
自宅兼事務所の弊害、ここにあり・・・です。
でもいいことの方が多いんですけどね。

aya について

行政書士を開業した頃は、現在4人居る息子達のうち、3番目が生まれた直後でした。それまで畑違いの職種ばかりで、行政書士というものを何もしらないままの開業。 最初の頃からずっとこれまでの記録を綴っています。
カテゴリー: 日々の徒然 パーマリンク