行政書士を開業した頃は、現在4人居る息子達のうち、3番目が生まれた直後でした。

それまで畑違いの職種ばかりで、行政書士というものを何もしらないままの開業。
最初の頃からずっとこれまでの記録を綴っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。