7月1日から書式が少し変更に

経営事項審査の書式中、別紙3(その他の審査項目(社会性等))が、やや内容が変更されました。
熊本県庁監理課:経営事項審査制度の改正に伴う申請書様式の変更について
国交省:建設業法施行規則の一部を改正する省令等について
とにかく、経営事項審査において、社会保険未加入業者さんは減点幅がこれまで以上に大きくなります。
今までは、
健康保険及び厚生年金保険加入の有無 という1つの項目で未加入の場合は減点対象だったのが、
これからは、
健康保険加入の有無
厚生年金保険加入の有無
 という別々の2項目に分けられ、それぞれに減点対象となり、減点割合が増えたのです。
普通は会社が社会保険加入する時って、両方一緒に入るでしょうから、入っていらっしゃらないところは、社会保険加入していない限り、社会性の項目(W点といいます)においては、他の社会性の項目でどれだけ頑張っても、0点のままとなります。
経営事項審査時だけでなく、今後は、建設業許可の更新時等にも、社会保険加入の指導が行われるということです。

aya について

行政書士を開業した頃は、現在4人居る息子達のうち、3番目が生まれた直後でした。それまで畑違いの職種ばかりで、行政書士というものを何もしらないままの開業。 最初の頃からずっとこれまでの記録を綴っています。
カテゴリー: 経営事項審査 タグ: パーマリンク