不動産取得税:新築時

去年、我が家は新築し、引っ越しました。
で、まず、不動産取得税(土地)が来て、ほっとした所で市町村の調査が来て、固定資産税が課税。
今月に入って、不動産取得税(建物)が来ました。
あんまり新築時の税金について考えていなかった(いや、ビルダーさんは一生懸命説明してたぞ)ので、あれ?不動産取得税って1回だけじゃなかったけ?と、疑問に思ったけど、建物分の課税は市町村の調査を基に、県が課税するみたいなので、ちょっと時間差で来たんですね。
知らないことばっかり。
建物の不動産取得税は、住宅部分には控除があって、税金かからなかったみたいなのですが、驚いたことに(皆知ってるの?)事務所部分にだけかかっていました。
自宅の1室を事務所として使用してますが、私の中では「同じ家の中」という感覚だったのでビックリでした。
課税のお知らせ通知の書類には、取得持分価格というのがのっていて、その4%らしいです。
取得持分価格を見ると、全体の面積と事務所用の1室の面積から按分された事務所部分のみの取得価格が分かるのですが、それが結構高い。えーっ、一部屋でこれだけかかってるの!!
具体的に数字で見ると、新鮮です。ローンなので実際のお金が動く部分を見ていないので麻痺してるんでしょうね。
さぁ、この一部屋分(税金額じゃなくて、取得価格の方ね)、仕事でペイするのに何年かかるのかな。
そのうち、自宅で開業した人(新築した人)に役立つように、減価償却等について書こうかな。
うちは主人名義で建てたので、「配偶者が自営業だった場合」の減価償却については、ほとんど言っている人いないですね。
ご主人会社員で、奥さんが自営ってあんまりないのかな。
どうやってるか、知りたい人いたらコメント下さい。

aya について

行政書士を開業した頃は、現在4人居る息子達のうち、3番目が生まれた直後でした。それまで畑違いの職種ばかりで、行政書士というものを何もしらないままの開業。 最初の頃からずっとこれまでの記録を綴っています。
カテゴリー: 日々の徒然, 開業お役立ち情報 タグ: パーマリンク