看板を付ける!1

事務所移転して、やっと普通の生活に戻りました!
これからしなくちゃいけないことは・・・
まず、せっかく「国道沿い」という、車の通行の多いところに事務所を構えたのだから、【看板】を作らなきゃ!
・・・と思い、早速数件の看板やさんに問合せ・見積もりをお願いしました。
横180センチ×縦90センチの両面の立て看板です。
東西どちらから来る車にも、見えるようにしたいのです。
基礎に、コンクリートを打たなければならないし、鉄柱で少し高さを出さないと目立たないので、結構費用がかかりそうです。
だいたい、7~8万円のようです。
7月に打った広告の支払い&引越し費用が響いて、支払いに余裕があまりないので、少しでも安くできないか、思案中です・・・
それに、看板に書く【内容】・・・
どんな物が効果があるのか?
いろいろ、調べてみたり、身の回りの看板を観察してみたりしています。
それで、今、私が理解している【看板について】ですが、
?色によって人に与える印象が変わる・・・
黄色・・・安売りの色。目立つが、安っぽい印象を与える。
     (職業が行政書士だから、この色はアウトだな)
緑・・・安心感を与える。(この色は使おう)
赤・・・目立つ。(この色も取り入れよう)
黒・グレー・・・少し怪しい雰囲気を与える(アウト!)
・・・と言うことで、当事務所の看板には、緑・青・赤が候補に挙がっています。
?お客さんを上手に誘導するための工夫をする。
例えば、『P⇒IN』とか『Pあり』とかの、『駐車場ありますよ』『入り口はこちらですよ』とかいう、表示です。
とくに、うちの行政書士事務所の場合、普通の一軒家の一部屋を事務所にしているので、しっかり、こういうアピールをしないと、看板を見てくれた人に、『事務所の存在』を知ってもらえないと思うのです。
?照明などで、目立たせる・夜間にも見えるようにする。
・・・今のところ、私の資力では無理ですが・・・おいおいですね。
?何をやっているお店(事務所)なのか、具体的に分かりやすくする。
・・・看板に書きたい業務内容はたくさんあるのですが、車で通行中に見てもらう、という前提なので、かなり絞り込まなければなりません。
今のところ、行政書士法人ウィズネス山鹿支店では、
●建設業
●遺言・相続・離婚
●融資・助成金サポート
●法人設立・会社議事録・電子定款認証
などに絞り込む予定です。
私のいる地域では、建設業の需要が多い(と思う)ですし、遺言・相続・離婚などは、地域を選ばず、どこにでも発生する業務だと思うからです。
融資サポートや法人設立は、本店の得意分野ですので、もし依頼があれば安心して取り掛かれるので、入れることにしています。
看板のエキスパートではないので、さらに詳しいコツや、テクニックは分かりませんが、しょっちゅう作り変えるものではないので、慎重に作りたいと思います。

aya について

行政書士を開業した頃は、現在4人居る息子達のうち、3番目が生まれた直後でした。それまで畑違いの職種ばかりで、行政書士というものを何もしらないままの開業。 最初の頃からずっとこれまでの記録を綴っています。
カテゴリー: 開業お役立ち情報 パーマリンク